国語は苦手意識をなくす!

中学受験において、国語の点数を伸ばす指導をするという事は簡単な事ではありません。
その理由としては、国語で問われる試験の内容として、漢字の読み書きから文章問題、
そして小説などの様々な分野の知識が必要となるからです。

また、国語の場合は選択式の解答だけではなく、
文章で答えるという記述式の問題が多いのも中学受験問題の特徴だと言えます。
記述式の問題に正解するためには、問題文を正しく理解する事が最低限必要となるのです。

例えば、長文の場合には解答の根拠となる部分を探す必要があるのですが、
難しい文章に慣れていない子ども達の場合には解答にたどり付く事ができません。

そのため、中学受験の文章問題の対策には、
日頃から難しい文章に触れておく習慣を付ける事が大切だと言えます。

例えば、新聞や小説などを毎日読む事によって、
筆者が読者に対して伝えようとしている事を理解する能力が高まります。

そして、文章の中で最も大切なポイントはどこであるかを簡単に判別する事が出来るようになることです。

このように、良い文章をたくさん読む事によって、問題文の理解力だけでなく、
解答文の作成能力も同時に高める事が出来るようになり、得点を上げる力が身に付きます。
PAGETOP