算数はパターンを見抜く!

中学受験で使用する算数は、主に小学生の基本となる分野が多数出題されます。

たとえば分数の掛け算や割り算、小数点を含む数字の掛け算や割り算など、様々あります。
特に、小学校高学年で学習する道のり・距離・時速の問題は、
基本が試されるため頻繁に出題されることがあります。

この分野は、中学校でも使用するだけではなく、ひいては高校に進学すれば物理学の分野で最初に学習し、
基礎的な問題としてセンター試験にもよく出題されます。この部分の学習は、
中学校受験の時にきっちりとその出題パターンや考え方を体得しておく必要があります。

また、中学校で習う代数の問題も、形を変えて中学受験の算数の分野で出題されています。
中学校ではxやyという形式で学習する代数学が、わからない数という形で出題され、
多くの受験生を悩ませているようです。

この問題は、中学校で学習する代数学を簡単にした指導で対応できるかと思いますが、
学習塾や参考書で教えられている指導方法を徹底的に学習し、問題に取り掛かることが必要とされます。

小学校の先生でも、中学の数学の知識のある先生は、ある程度は対応できるかと思います。
しかし、受験となれば、進学塾の先生に質問するのも必要です。

受験の算数は、パターンで出題されることがほとんどですので、
各先生にそのパターンを教わり、しっかりと対策を取りましょう。
PAGETOP